ライフラインが停止になった時も安心な太陽光発電!

ライフラインが停止した時、電気はどうする?

近年大きな地震が起きる事が多くなっており様々な地震対策を行っている人も多いのではないでしょうか。食料を備蓄する、避難路を確認するなどの対策を行っているケースも多くなっています。震災によるライフラインの停止と言うのは日常生活に大きな支障を来たす事になります。電気やガス、水道などのライフラインは生活には欠かせない存在、水はミネラルウォーターを備蓄する、ガスはガスボンベを利用したコンロを使う事で数日間の生活が可能になります。電気についてはどのようにすれば確保が出来るのでしょうか。

生活に欠かせない電気が使えなくなると

ライフラインが停止してしまい電気が使えなくなると困りますよね。特に冷蔵庫の中には食材が沢山入っている、冷凍庫にも冷凍食品などが沢山有ると言った場合、電気が止まってしまうと中身が腐ってしまう事もあります。大きなクーラーボックスの中に食材を入れておくと言っても、冷蔵庫の中身を全て詰める事は出来ない、詰める事が出来ても数時間冷やしておくことは難しくなります。太陽光発電はライフラインが停止した場合でも発電した電力を利用する事が出来る設備でもあり、蓄電池を使う事で夜間の電力にも使えます。

太陽光が在る限り発電が可能!

太陽光発電は文字通り太陽の光を電気エネルギーに変換する事で発電する事が出来る設備です。ライフラインが停止してしまったと言う場合でも、太陽光発電設備があれば住居内に電力を供給する事が出来るため、冷蔵庫の中身を移し替える必要がありません。テレビなどの家電品を利用する事が出来るため、現在の状況を確認したい場合などでも活用する事が出来ると言う事です。更に蓄電池は電気を溜めておくことが出来る設備でもあり、発電が出来ない夜間の電力として利用する事も出来ます。

太陽光発電の価格の変化を冷静に見極めることで、売却先のシステムの特徴をすぐに理解することが可能となります。