引っ越しの荷造りのポイントを掴めば荷解きも楽々♪

普段使わない物から荷造りして行こう

引越しの日時が決まると、引越し当日までに荷物をまとめておく必要があります。中には引越しまで1週間くらいしか時間が無いと言うケースも在るかと思いますが、引越しの荷造りは荷解きすることを考えて行う事が基本で、最初に行うべき荷造りと言うのは普段使わない物からダンボール箱に分別しながら詰めて行くようにします。また、箱の中に何が入っているのかを解るようにしておくことで、荷解きする時に普段使わない物は後からゆっくりと片付ける事が出来るようになりますよ。

頻繁に利用する物は後回し!

普段頻繁に利用する品物は引越し間際にまとめて荷造りするのが引越しの極意です。但し、頻繁に使うからと言って大量に荷造りを残してしまうとギリギリになって大慌てになる事も有るのでご注意を。洋服などは極力着るものを少なくしておくことで普段着ると言っても先に片付けておくことが出来ます。1週間くらい前になった段階で1週間分の着替えを用意しておけば良いわけで、それ以外の洋服は全てダンボールの中に閉っておくようにします。食器などについても極力使うものを減らすのが荷造りのコツです。

引越し前日にやっておくべき事は?

引越し前日には大半の家財道具が片付いているかと思われますが、ダンボール箱を1~2個用意しておいて、当日積み込むものをまとめておくのがお勧めです。食器類や炊飯器、鍋類などをさっと入れる事が出来るようにダンボール箱を作っておきます。それと忘れてはならない事は冷蔵庫の中身は全て取りだしておくこと、前日には電源コードを抜いて冷凍庫内の霜取りも忘れないようにし、引越し当日はトレーに溜まった水をこぼしておけば完璧で、後は引越し業者の人が来るまでの間はのんびりとした時間を過ごせます。

不用品の回収は捨てるのに困る大型の家電製品やバイクなどを無料で引き取ってくれる所も多いので、積極的に利用する事で処分に掛かるお金も節約する事が出来ます。