初期資金が無い人のための《店舗を持たない自営業の始め方》

仮想店舗で出品しよう

少し昔なら、自営業でも店舗や事務所を持つ事が普通で、それなりの初期資金が必要でしたが、ネットが普及した今なら実店舗や事務所を持つ必要は無く、パソコン一台有れば自営業が始められます。例えば、小売りの場合ならば、バーチャルモールに出店すればそこが彼方の店舗と言う事になるのです。バーチャルモールは今、数多く存在します。規模の大きい物から小さな物、大きい場所はバーチャル店舗の出店にもそれなりの費用が掛かりますから、無理をしないで、自分のお財布や考えに合った場所を選べば気軽に商売をはじめることができます。

アイデア次第で何でも売れる

店舗で何を売るか?これが一番の問題ですが、何でも商品にできるのが自営業の良さですから、自分の感性を大きく広げて面白い物を探す事を楽しみましょう。基本的には、せっかくの自営業ですから、自分の好きな物を売るのも良いかもしれません。自分がほしい物なら、売りたい気持ちも倍増しますからね。徹底的に趣味に走るのも良し、アイデア商品を自ら作り出すのも良し、誰からも干渉されずに運営できるのが自営業、自由な発想とアイデアで、商売をどんどん広げていきましょう。

ネットショップの運営方法

ネットショップの運営で気を付ける事は、とにかくレスポンスを良くする事です。御客様からの問い合わせへの回答、売れた商品の発送など、ネットショッパー達は気が短いので、返信の遅れや発送が遅すぎるとリピート率が下がってしまいます。この辺りは十分気を付けて下さい。バーチャル店舗によっては、自動返信メールの機能なども有りますから、それらを有効に使うのが良いでしょう。最初からパーフェクトに運営する事は難しいのが普通です。何事もトライ&エラー、失敗も糧にすればそれで良し、千里の道も一歩から、是非『ネットで自営業』に挑戦しましょう。

フランチャイズとは、事業者から看板やサービス、商品を使う権利を付与してもらい、それらを販売して利益を出す手法です。未経験であっても、確立されたブランド力や、ノウハウを使い、ビジネスオーナーとなれます。